フロアコーティングはマンションに向く

マンション

マンションでもフロアコーティングの要望は多いのですがマンションならではの問題も存在します。

一つはオプション会などで施工会社が決まっている時。これには販売会社が中間マージンを取るので割高になる場合が多いので要注意です。それとフロアコーティングの種類も水性コーティングなど耐久性が低い安価なコーティングである場合が多いので、どのようなコーティングか必ず確認しましょう。

また、フロアコーティングでは施工不良が少なからず起こる事があります。これは割安な業者や実績のない会社、経験の少ない施工者などで施工がうまく行かなかった等の理由です。こういう経験からマンション販売会社や床材メーカーがフロアコーティングのを禁止したり、フローリングの保証が無くなる等と条件を付ける場合があります。

これは販売会社がトラブルが起きると面倒という理由で決してお客様の事を考えて言ってくれるわけではありません。しかしそれでやらない選択や安価なコーティングを選んだとしても販売会社が何か保証してくれるわけではないのです。

このようにマンションで自ら選んでフロアコーティングを頼むことは敷居が高くなってしまう事もあるのですが、生活するのはあくまでお客様ですから自身の考えでフロアコーティング決めていきましょう。

フロアコーティングの真実

フロアコーティングの事をネットで調べても中々本当の事が分からないと思っている方も多いかもしれません。マンション掲示板などでも色々な書き込みがあって不毛な議論が繰り広げられていたりします。本当の事を見つけるのがこんなに大変と初めて知ったり。

フロアコーティングをしても傷が全く付かないなんて事はあり得ないです。原料はガラス成分なのでガラスより硬いものや硬いものが付着して物を引きずってしまった場合、傷は付いてしまいます。長年の使用にはやはり当初の美しさは段々に無くなっていくものでしょう。

しかし当社は補修やアフターメンテナンスで傷の補修などを行っており出来るだけ床の状態を良好に保っていくようにしています。どうせ傷が付くならやらない方が良いという単純なものでなく、出来るだけ美しい状態を長く保ちたいというお客様の希望に沿ったサービスを行っています。

究極的にはフロアコーティングのする、しないはお客様が決める事ですが少しでも床をキレイに保ちお掃除が簡単になって家事の負担を減らせる素晴らしいサービスですので広く知れ渡ってもらいたいと考えています。