低光沢フロアコーティングはガラスコーティングだけ

最近のフロアコーティングは低光沢コーティングが主流。日中の日差しから夜間のテレビの映り込みまで眩しく反射する光沢は嫌ですね。最近は目にも優しい低光沢のフロアコーティングが好評なのです。

なぜガラスコーティングは低光沢なのか? それは5ミクロンと云われる塗膜の薄さに秘密があります。この薄さは他のフロアコーティングでは強度が無いために実現できません。ガラスコーティングの硬度が高いから可能な薄さになっていています。

ですから変に眩しく光らず、元のフローリングの質感がそのまま生きたコーティングになるのです。つや消し風で綺麗なコーティングになります。

それが強度と美しさを兼ね備えた30年の耐久性を備えた
進化を遂げた最新技術のフロアコーティング EPCOAT
なのです。

UVコーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングでUVコーティングよりガラスコーティングが良い理由。UVコーティングとは硬度が違います。ウレタン素材のUVコーティングより傷の付きやすさが断然違います。耐傷性試験でもUVコーティングの10倍以上の耐久性がありました。

またUVコーティングは塗膜が厚いので光沢が非常に強くギラギラと反射します。また塗膜の厚さは柔軟性を損ないひび割れや密着不良を起こしがちです。

それと有機質であるため長期間で形質変化が起き脆くなったりひび割れします。またUVは名前通りUV(紫外線)で硬化させるので日の当たる所では日光の紫外線で硬化が進んで脆くなってしまうので窓に紫外線防止フィルムなどを貼るなどして対策を施さなければなりません。

それに対しガラスコーティングは超薄膜塗膜で床に密着して柔軟性に富みひび割れ等が起きず、低光沢でフローリングの質を生かしたコーティングになります。

もちろん紫外線による形質変化も起きないので30年もの長い間フローリングを守る事ができるのです。またEPCOATはUVカット剤も含まれていますのでフローリングの日焼けも防ぐことも出来るのです。

このような理由によりフロアコーティングをするならガラスコーティングが一番良いという結果になりました。

ジェブのフロアコーティングはもちろんガラスコーティング。しかも安心のアフターメンテナンスで定期的なメンテナンスを受けられます。もう迷わないですね、フロアコーティングはジェブにお任せください。