床の傷汚れを防ぐフロアコーティング

床傷汚れを防ぐフロアコーティング。新築に入居するならフロアコーティングを検討してみてください。

何もかも綺麗な新築のお部屋。しかし入居してしばらくすると直ぐに床に傷や汚れが目立ってきてしまいます。毎日人が歩く所ですから意外に傷みが早いのです。

フロアコーティングは柔らかいフローリングに代わって傷を防ぎ、汚れのバリアとなって染み込みを防ぎます。だから汚れが表面上に留まって簡単に拭き取れます。

家事の負担を減らしてくれるのもフロアコーティングの嬉しいところ。もちろんワックスがけの面倒な作業も要りません。

今の住宅の必需品、フロアコーティングを新築の際にぜひ考えてみましょう。

フロアコーティングで安心の床に

safety

フロアコーティングをするとちょっとした事での傷が付きにくくなったり、汚れが簡単に取れるので何かと安心。ジェブのフロアコーティングはガラスコーティングなので無機質で有害成分が含まれていないのも安心。面倒なワックスがけも必要ありません。

また30年もコーティングの効果が持続するのが凄いです。全く傷が付かない訳ではありませんが、直接床を傷めることなくコーティングが最初のダメージを受け止めてくれるから傷が付かなかったり最小限に留めてくれます。

またジェブでは傷が付いてしまった場合でも補修対応してくれるので安心です。どちらにしても傷が避けられないフローリングですから出来るだけ防衛対策をして安心を得ることが出来るのがフロアコーティングなのです。

フロアコーティングの注意点について

丈夫で長持ち、掃除も楽々なフロアコーティングにも注意しなければならない事があります。それを一覧にあげると。

・傷はやはり付くので気を付ける必要はあります。
傷は付きにくくなりますが付かないわけではありません、ガラスの強度以上の小石、金属の傷は避けられません。特に椅子の下等に小石やネジ等を挟み込んだまま引きずってしまうと大きな傷跡が残ってしまうので気を付けましょう。

・重量物や鋭利な物の抉れ、凹み
ハサミや重量物の角など落としてしまった場合は防げません。フロアコーティングは表面を超極薄の膜で覆うものですから床自体の強度を高めるものではありません。床が凹んでしまえばそれに沿ってコーティングは追随します。あくまで表面の傷や汚れをある程度防ぐものです。

・全く滑らなくなるわけではありません。
滑り止め効果もあるのですが、元の床の性質によって異なります。滑り止め効果はミクロの表面の状態で決まりますので元の床材の状態にも左右されます。

・施工直後は完全硬化まで室内に入らないようにしてください。
一般的に施工後半日は部屋に入れません。余裕をみるなら翌日入居がベストになります。よく直後に入室してしまって足跡を付けてしまう事例が散見されます。フロアコーティングはこの後30年も持つものなのでここはぐっと我慢して入らないようにしましょう。他の業者様にも通知をお願いします。もちろん補修は可能ですが新しい部屋には真新しい状態で入居したいものですね。

フロアコーティングは完璧な魔法の封印ではないので最低限のケアは必要になります。しかし簡単な拭き掃除で良いし水拭きも出来るので好評を頂いています。

フロアコーティングのメリットとは何

フロアコーティングのメリットとは何でしょうか?

・表面が固いコーティングに覆われるので傷が付きにくくなる
・水や汚れが染み込まなくなるので汚れが付かずすぐに拭き取れる
・その結果フローリングの耐久性が上がり長持ちする
・定期的なワックスがけが不要になりメンテナンスが楽になる
・床が滑りにくくなりペットやお年寄りが転びにくくなる(床材によって効果が異なります)

以上5点がメインのメリットになります。その結果お掃除が簡単になりフローリングの扱いに神経を尖らせなくても良くなるので気分的にもラクになります。

高価な無垢材の床では長い時間の変化を愉しむという高級品ならではの使い方もありますが、多くのフローリングでは日常の扱いやすさを考えて様々な人工的な処理がされていますのでフロアコーティングとの相性も良く施工することができます。