フロアコーティングの施工は信頼と実績で決める

フロアコーティングは1回の施工で長年効果が持続するものですから、慎重に施工会社を選びましょう。施工会社によって施工品質が全然違います。フロアコーティングの場合決められたマニュアル以上にフローリングの状態や周りの環境や現在の状態を把握する必要があります。それには長年の経験と勘が必要になりますので、出来たばかりの会社や新人には難しいものがあります。

ジェブは長年ガラスコーティングに専念しているので何処よりもガラスコーティングのノウハウを知り尽くしているので、昨日今日始めたばかりのコーティング屋さんとは格段の差があります。

安いだけでは不安が残ると思いますが、今後30年以上も生活を共にするフロアコーティングだから安心できる施工会社を選ぶことが絶対に必要な事なのです。

フロアコーティングの選び方のコツ

フロアコーティングは何となく聞くけど良く分からないものではないでしょうか?それというのも一度すればずっと長い間その存在をそれ程意識しないものだからです。

これはどういう事かと言いますと、例えばワックスとかは定期的にしなければならないので何回も使う事になるので馴染みがあるわけです。また学校なんかでもワックスがけなんてあるかも知れません。(今の学校の事は疎いので良くわかりませんがネットではまだやっている感じですね) 所がフロアコーティングは業者にやってもらうものだし、一度施工したら、また頼むことは無いので、誰にとっても初めての場合が圧倒的に多くなります。

ですから知識や情報が入ってくる機会が普段は殆ど無いのです。本当に自分の家でやる時になって、初めて情報を集めるという事になります。それも結構間際に決める人が多いものですから、どこの会社が良いかも分からず適当に決めてしまうというのも多いです。

フロアコーティングの特徴として一度施工すると剥がす事ができないというのがあげられます。これは耐久性と裏腹なのですがそれほど強力に床に定着するという証明でもあるのです。ですから全く元通りに施工する前に戻すということは出来ないので施工する時はそれなりの決断が求められる事になります。

そこで絶対後悔しないフロアコーティングが求められるわけです。それには信頼できる会社であること。長年施工しているのか、施工実績は十分か、最近出来たばかりの会社じゃないのか等しっかり調べなければなりません。

そして家までやって来て施工するのですから、やはりネットや電話だけで決めてしまうのは不安が残りますよね。顔と顔を向き合わせて本当に信頼できるか見極めたいと思います。このような前もって計画的に進め充分に話し合った上で施工してもらうのがトラブルの少ないフロアコーティングの選び方です。