フロアコーティングの疑問と答え

特にフロアコーティングの疑問が多い項目をまとめてみました。

疑問 答え
一番耐久性があるコーティングは ガラスコーティング
一番傷に強いコーティングは ガラスコーティング
一番光沢が強いコーティングは UVコーティング
一番薄いコーティングは ガラスコーティング
一番長期間変化しないコーティングは ガラスコーティング

解説
一番耐久性があるコーティングはガラスコーティングです。それは他の疑問の内に自ずと明らかになります。

  • 一番傷に強いのは硬度6H以上のガラスコーティングです。UVは4~5Hです。
  • 一番光沢が強いのはUVコーティングです。日中は眩しく輝いて目に痛い程です。
  • ガラスコーティングはコーティングの中で一番薄く、その薄さで他のコーティングより強い強靭な塗膜ですので床への違和感がなく質感が変化しません。
  • ガラスコーティングは無機質なので長期間でも形質変化を起こさず脆くなったり変色しません。UVコーティングは有機質ですので変色します。また紫外線などで硬化が日々進んで脆くなりがちです。

この結果からご家庭に一番合っているフロアコーティングはガラスコーティングという事が分かります。

ジェブのEPCOATは無機質ガラスコーティング、上記の条件を全て備えた最良のフロアコーティングなのです。

フロアコーティング性能についての見方

フロアコーティング性能はどういう所を見れば分かるでしょうか。

ジェブはガラスコーティング EPCOATで高い性能を有しています。

まず耐傷性です。これは傷に対する強さを表します。ジェブのEPCOATではUVコーティングの10倍の耐傷性が認められており、UVコーティングよりはるかに傷が強いことが明らかです。

次に硬度です。EPCOATは硬度6H以上で一般的にUVコーティングが4~5Hなので更に傷に強くなっています。

次に耐久性です。EPCOATは30年以上の耐久性、UVコーティングが一般的に20年以上と表記されていますので更に長い耐久性があります。

次に無機質であること。有害物質を含まず安全です。また有機質と違って長い間にも形質変化を起こさないので脆くなったり変色しません。これが30年以上の耐久性を誇れる秘密です。

ジェブのフロアコーティングは以上のように高い性能を有していますので安心して施工をご依頼ください。

フロアコーティングで安心の床に

safety

フロアコーティングをするとちょっとした事での傷が付きにくくなったり、汚れが簡単に取れるので何かと安心。ジェブのフロアコーティングはガラスコーティングなので無機質で有害成分が含まれていないのも安心。面倒なワックスがけも必要ありません。

また30年もコーティングの効果が持続するのが凄いです。全く傷が付かない訳ではありませんが、直接床を傷めることなくコーティングが最初のダメージを受け止めてくれるから傷が付かなかったり最小限に留めてくれます。

またジェブでは傷が付いてしまった場合でも補修対応してくれるので安心です。どちらにしても傷が避けられないフローリングですから出来るだけ防衛対策をして安心を得ることが出来るのがフロアコーティングなのです。

フロアコーティングと環境

フロアコーティングは床材を長持ちさせますので近年問題になっている産業廃棄物を削減します。また定期的ワックスも必要ないのでその度剥離による廃液も出しません。ジェブのフロアコーティングは無機質のガラスコーティングなので有害物質も含みません。

このようにフロアコーティングは環境にも負担をかけないので最近話題になっている持続可能社会にも合っているサービスなのです。そういった意味からもフローリングのメンテナンスをワックスからフロアコーティングに変える事は意味がある事なのです。日本のモノを大切にして無駄を出さない心にもつながっています。

フロアコーティングと健康

フロアコーティングはサッとひと拭きで床が綺麗になるので面倒なお掃除も手軽にできます。お掃除が簡単なので掃除の回数も増やせるので常にお部屋が清潔に保てます。

埃のない部屋はカビ菌やばい菌、細菌の繁殖も抑えます。清潔な部屋は健康の基本です。フロアコーティングは綺麗好きで健康にも気を付けたい人の味方にもなってくれるものです。

加湿器を置いても水にも強いので部屋を乾燥から防ぐごとにも問題なく、家族の健康にもバックアップしてくれるのがフロアコーティングなのです。もちろんジェブのフロアコーティング EPCOATは無機質で有害物質を一切含んでいないので安心なのです。