フロアコーティングとペットの相性

フロアコーティングはペットがいるご家庭にもピッタリのサービスです。床の滑り止め効果もありますが、床の爪痕防止にもなります。ワックス等ではかえって滑りやすくなったり、爪にワックスが付着したり、それを舐めてしまう危険性もあります。ワックスは有害成分が含まれたりしますのでペットと暮らしているご家庭には、無機質で有害成分が含まれていないフロアコーティングはとっても相性が良いのです。

滑り止めの効果は元のフローリングにも左右されるので一概に言えないのですが安全性を考えるとワンちゃんネコちゃんの為にぜひやっておきたいものなのです。爪痕も活発な運動をすると完全には防げない時もありますがその場合はマットなどを併用すると良いでしょう。ワックスのようにベタ付かないのでマットなども相性良く併用できます。色移りなど心配な場合は自然素材のマットなどを使うと良いです。

フローリングとフロアコーティングの相性

フローリングとフロアコーティングの相性の良さという事について考えてみましょう。殆どのフローリングでは何らかの前処理がしてあります。通常の合板フローリングではUVコーティング、シートフロアにはEBコーティング等です。いわゆるワックスフリーと言われる床です。

これらのコーティングがしてあるものはワックスが塗れません。これらはコーティングによってワックスが染み込まずコーティングの上で浮き上がってしまうからです。こうなると却って滑りやすくなって危険です。

工場で施されるコーティングは床の質感を失わないように余り強力なコーティングが施されません。この状態では本格的な耐久性は望めないのでやはりフローリングを長く使いたい人はフロアコーティングを選択することになります。この時、元と同じコーティングではなんかもったいない感じではないでしょうか。予めUVコーティングが施されているなら重ねて施工するより、より強いコーティングをするべきでしょう。

UVコーティングより強いコーティングはガラスコーティングしかありません。それでこそコーティングする意味があります。安くはない金額をかけて元と同じコーティングでは余り効果が変わらないのでは。ガラスコーティングでは予めしてあるコーテイングが下地材として機能して相性良く塗ることができます。

シートフローリングにも以前は相性が良くないものがありましたが、研究、検証の結果最適な施工方法が見つかっていますので問題なく施工することができます。稀に新しい製品で施工実績がない場合もありますので不安な場合はお問合せください。未知の製品の場合は検証してテスト後施工させていただきます。