フロアの耐久性についての考え

フロア耐久性、床の耐久性について考えてみましょう。一般的に床、フローリングの耐久性は10年~20年と言われています。フローリングの種類によっても変わりますが、生活スタイルによっても大きく変わってくると思います。ペットや活動期のお子さんがいらっしゃる家庭ではやはり傷みが早くなることでしょう。

しかし少しでも床の寿命が伸ばせるとしたら大変助かるのではないでしょうか。そこでフロアコーティングが注目されています。新築時にフロアコーティングをすると傷を減らし床への汚れの染み込みが無いので床の寿命を延ばす事ができます。寿命が延びるだけでなくその間お掃除が簡単になるのも大変魅力的です。

床に汚れが染み込まず、耐水性*もあるので床材が傷まないので床材自体の寿命も延びます。フロアコーティングをする事によって床の寿命が30年位になるので経済的にもお得であるばかりでなく、環境的にも産業廃棄物を減らす事に繋がります。

フロアコーティングは当社のEPCOATの場合、余裕を持って30年以上の耐久性がありますので殆どの床材の寿命を延ばす事になります。もちろんフローリング自体の耐久性が短い場合はそこまでは無理ですが、元のフローリングより寿命を延ばす事が可能です。

フローリングを少しでも長く使いたい、張替までの期間を延ばしたいとお考えの方はフロアコーティングをぜひご検討ください。

*耐水性はありますが防水ではありませんので大量の水は防げません

フロアコーティング性能についての見方

フロアコーティング性能はどういう所を見れば分かるでしょうか。

ジェブはガラスコーティング EPCOATで高い性能を有しています。

まず耐傷性です。これは傷に対する強さを表します。ジェブのEPCOATではUVコーティングの10倍の耐傷性が認められており、UVコーティングよりはるかに傷が強いことが明らかです。

次に硬度です。EPCOATは硬度6H以上で一般的にUVコーティングが4~5Hなので更に傷に強くなっています。

次に耐久性です。EPCOATは30年以上の耐久性、UVコーティングが一般的に20年以上と表記されていますので更に長い耐久性があります。

次に無機質であること。有害物質を含まず安全です。また有機質と違って長い間にも形質変化を起こさないので脆くなったり変色しません。これが30年以上の耐久性を誇れる秘密です。

ジェブのフロアコーティングは以上のように高い性能を有していますので安心して施工をご依頼ください。

フロアコーティング、床を長持ちさせるなら

フロアコーティングは床の強度を上げるわけではありません。ですから重い物を落としたり鋭利な物で突いたりすれば凹んだり抉れたりしてしまいます。

フロアコーティングで防げるのは日々の生活で付く細かな傷を付きにくくしたり、汚れが簡単に取れる事により美観の維持が楽になったりする所です。それにより床の綺麗な状態が長く続く事になります。

フロアコーティングの効果は30年以上、更にジェブでは定期的メンテナンスが付いているので床の状態を長い間良好な状態に維持できます。

新築時のフローリングの美しさを出来るだけ長く維持したい。そういう願いをできるだけ実現するのがフロアコーティングを施工する目的です。

床のガラスコーティングの特徴

フロアコーティングは様々な種類があります。その中でもガラスコーティングは最近開発されたものでフロアコーティングの最終形態とも云われている進化型のフロアコーティングです。

まずはその前にUVコーティングが登場した時、画期的なコーティングと称賛され脚光を浴びフロアコーティングが広まりました。しかしまだ傷が付きやすく耐久性に難がありました。

そこで満を持して登場したのがガラスコーティングです。これまでのフロアコーティングで満足できなかった耐傷性、耐久性などを大幅に改善してこれまでにない性能に引き上げました。

硬度6H以上、30年以上の耐久性と今までにない性能のフロアコーティングが誕生しました。それがガラスのフロアコーティングなのです。

フロアコーティングをどれが良いか悩んでいる方へ。
フロアコーティングをするならガラスコーティングが一番。
フロアコーティングならガラスのフロアコーティングの一択なのです。
ジェブは無機質ガラスコーティングのEPCOAT
あなたの自宅のフローリングを長期間守ります。