フロアコーティングとウェットシートの注意点

フロアコーティングでは殆どのウェットシートを使う事ができます。ちょっと汚してしまった時ウェットシートは便利ですね。フロアコーティングは殆どのウェットシートを使う事ができますが中には洗剤成分を多く含むものもあるので注意が必要です。せっかく舐めても大丈夫なフロアコーティングなのに洗剤成分が残ってしまったら赤ちゃんやペットが舐めてしまったら不安ですよね。

ですからそういう成分を残さない為には最後に水拭きした方が安心です。もちろんそのままでも問題になる事はありませんが、白い染みが出来たり滑りやすくなる場合も有るようです。その場合でも水拭きしてもらえれば大丈夫です。

フロアコーティングは赤ちゃんにも安心です

フロアコーティングは赤ちゃんにも安心なんです。ワックスのように手に付いたりしないから、口に付いたりしないから手を舐めても安心です。ワックスのようにべたべたしたら赤ちゃんも安心してハイハイもできません。フロアコーティングなら自由に伸び伸び部屋の中を動き回ることができます。

それが出来るのもフロアコーティングは完全硬化する為、成分があちこちに付いたりしないからです。しかもフロアコーティングの成分には有害成分が含まれていないので余計に安心です。ワックスの成分は決して安心とは言えません。

少し大きくなっても色々なものを投げたりお落としたりしますが、傷にも強くなります。食べこぼし等も多くても防汚性が高く、汚れが染み込まないので雑巾等でサッと拭くだけで綺麗になります。

また、フローリングにもよりますが、多くの場合滑り止め効果が高まりますので赤ちゃんの転倒防止にも役にたちます。

このようにフロアコーティングは赤ちゃんの味方。小さなお子様いる家庭ではぜひフロアコーティングを検討してみてください。

低光沢フロアコーティングはガラスコーティングだけ

最近のフロアコーティングは低光沢コーティングが主流。日中の日差しから夜間のテレビの映り込みまで眩しく反射する光沢は嫌ですね。最近は目にも優しい低光沢のフロアコーティングが好評なのです。

なぜガラスコーティングは低光沢なのか? それは5ミクロンと云われる塗膜の薄さに秘密があります。この薄さは他のフロアコーティングでは強度が無いために実現できません。ガラスコーティングの硬度が高いから可能な薄さになっていています。

ですから変に眩しく光らず、元のフローリングの質感がそのまま生きたコーティングになるのです。つや消し風で綺麗なコーティングになります。

それが強度と美しさを兼ね備えた30年の耐久性を備えた
進化を遂げた最新技術のフロアコーティング EPCOAT
なのです。

本当の事が分からないフロアコーティングの世界

フロアコーティングではUVコーティングの会社はUVコーティングが一番良いと言い、ガラスコーティングの会社はガラスコーティングが一番良いという。中には水性コーティングが一番合っていると言う所もあって、ユーザーは混乱の最中に置いていかれます。

これは様々な事情があったりして、マンションのオプション会では水性コーティングしか扱えない所があったり、過去の様々な経緯からこんな状態になっているようです。またマンションではシートフローリングがフローリング界を席巻してしまった為、耐久性の面で様々な問題を引き起こしました。

最近ではシートフローリングを見直す向きもあるようですがまだまだシェアは高いままです。こうしてユーザーを置いてきぼりにした状況は変わらないままなのです。ジェブでは当初より一貫してガラスコーティングをお勧めしてきた会社です。それはガラスコーティングがご家庭において一番良いフロアコーティングであることが実証されており、それを広げていくことが社会的使命と考え日々行動しているからに他なりません。

ジェブはUVコーティングの10倍の耐傷性で30年耐久の優れたガラスコーティングのEPCOATを日々施工しています。

新築マンションのフロアコーティングの注意点

新築マンションでは多くの場合フロアコーティングをどうするか迷う事になります。入居前にオプションサービスとして選択項目に入っている場合もあります。オプションのフロアコーティングも販売会社からの繋がりもあり安心できますが少し割高なのと選択肢が限られているのが難点です。

今ですとやはり、比較サイトを利用して様々な会社から自分が希望するフロアコーティングで、また少しでも安い所を選ぶというのがライフスタイルの主流になっています。この中でも特に注意したいことを書いておきます。

マンションのフロアコーティングは今は殆どがシートフローリングです。これは表面が非常に薄いオレフィンシートと呼ばれる汎用プラスチックの一種で木目の印刷がされたものを云います。木と違ってメンテナンスや扱いやすいという事で非常に普及しましたが耐久性に難があり最近は見直すところもあるようです。

その耐久性を高めるのがフロアコーティングになります。シートフローリングの場合ワックスフリーやノンワックスフローリングと謳ってワックスが使うことが出来ません。それでもワックス使ってしまう人が多くてかえって汚れやすくなったり滑りやすくしている人も多いようです。

そういう事を防ぐ意味でもフロアコーティングが効果的です。フロアコーティングをすればワックスは必要無くなり雑巾などで簡単にお掃除ができるようにもなります。この事も含めても新築マンションにはフロアコーティングが相性が良いという事が分かると思います。

フロアコーティングは必要でしょうか?

フロアコーティングは必要でしょうか?という疑問がままあります。どうせフロアコーティングをしても傷は付くんでしょう?それならどうしてフロアコーティングをするのかというもの。

フロアコーティングをしても確かに傷は付きます。まずはフロアコーティングは傷を軽減するためにあります。床の表面は柔らかいので新品の床もあっという間に傷だらけに。それを少しでも傷を少なくしようという考えです。

それとフローリングの寿命を延ばす効果もあります。フロアコーティングは耐水性がありますので汚れた水がフローリングに染み込まずフローリングの腐食を防ぐ事もできます。汚れが染み込まないからフローリング自体が汚れる事がないので雑巾で簡単に拭き取れます。だから何時でもフローリングを綺麗に保つ事ができるのです。

こうして傷を少なくして綺麗に保つ事が出来るのもフロアコーティングの利点です。これが数年後には大きな差となって現れます。フローリングは最初は美しいものですが、傷んだフローリングは傷や黒ずみなどが表れてきてしまい汚い状態になってしまいます。そうなると幾ら掃除をしても綺麗にする事は出来ないので本格的な補修や部分的な張替えが必要になってしまいます。

そのようなコストも軽減できることがフロアコーティングの最大のメリットです。フローリングを綺麗に保ち維持コストも低減するフロアコーティングをあなたもぜひ導入してみてください。

施工後

犬・猫・ペットでも綺麗に保つフローリングに変身フロアコーティング

犬・猫・ペットがいる家では家が傷みやすいです。特にフローリングは表面が柔らかいので傷が付きやすいのです。その対策としてフロアコーティングが人気です。もう傷ついてしまったものは防げませんが、まだ新しい状態ならこれ以上傷を付けたくないもの。

ジェブのフロアコーティングはガラスコーティングで床をしっかりガードします。その上汚れが取れやすいという優れた特性があるのです。これはコーティングがされている為、汚れが床に染み込んでいかず、表面で留めるので簡単に拭き取れてしまうのです。

普段の汚れは軽く水拭きでサッと綺麗に。万が一油性マジックが付いてしまっても除光液で拭き取れるほど汚れには強いコーティングになっています。ワンちゃん、ネコちゃんも思わず粗相をしてしまう事があっても安心です。

床の種類にも変わりますがグリップ力も増しますので殆どのケースで滑り止め効果も発揮するのでペットにも安心です。

ペットがいる家ではぜひフロアコーティングを検討してみてください。

フロアコーティングなら株式会社ジェブ

フロアコーティングならジェブのフロアコーティングが一番、その理由は。

  1. ガラスコーティングだから耐傷性が一番で床を綺麗な状態を長期間保つ
  2. ガラスコーティングは耐久性が一番長い。それは化学変化が起きない為、安定した状態でフローリングを守り続けるから。
  3. ガラスコーティングは光り過ぎないから元のフローリングのデザインを生かします。
  4. アフターメンテナンスがあります。床の簡易補修も出来るから長く安心が続きます。

横浜または横浜近郊の方にも特にお勧め出来るフロアコーティングです。

株式会社ジェブのフロアコーティングをよろしくお願いします。

 

フロアコーティングで安全にもなるフローリング

フロアコーティングはフローリングの傷や汚れを防ぐものですが、安全にもつながります。まず、フローリングの毛羽立ち等も防ぐ事につながりますので棘などで怪我する事も無くなります。またフローリングにもよりますが、滑り止め効果も高まりスリップ防止になり転倒防止などにもなります。

またワックス等の場合は舐めてしまう危険もあり決して安全とは言えません。その点フロアコーティングは元々有害物質を含まない上、完全硬化してしまうので手に付いたりしません。

この様な点からも家の中の安全性を高めてくれるのがフロアコーティングなのです。ぜひフロアコーティングをご検討ください。

フローリングを守るにはフロアコーティングが最適です

フローリングを守るにはどうすれば良いでしょうか? フローリングの表面は柔らかな材質の為、表面が傷つきやすいのです。折角の綺麗なお気に入りのフローリングもあっという間に傷や汚れが付いてしまいます。

その解決方法が予めフロアコーティングを施工しておくことです。表面を硬い塗膜で被い細かな傷から防ぎます。更に汚れの侵入を防ぎ汚れを表面に留めておきますので汚れが染み込まず、水拭きでサッと拭くだけで汚れを落とせます。

もし油性マジック等で落書きしてしまっても除光液で拭いてもらえれば簡単に取り除くことが出来るのです。これもフロアコーティングが耐薬品性に優れているから可能になります。

こうして傷や汚れに強いことが当初のフローリングの美しさを長く保つ事になるのです。せっかくのフローリングですから長く綺麗に使いたいですね。