フロアコーティングは必要か

フロアコーティングの必要性とは

フロアコーティングは必要でしょうか?という疑問がままあります。どうせフロアコーティングをしても傷は付くんでしょう?それならどうしてフロアコーティングをするのかというもの。

フロアコーティングをしても確かに傷は付きます。まずはフロアコーティングは傷を軽減するためにあります。床の表面は柔らかいので新品の床もあっという間に傷だらけに。それを少しでも傷を少なくしようという考えです。

それとフローリングの寿命を延ばす効果もあります。フロアコーティングは耐水性がありますので汚れた水がフローリングに染み込まずフローリングの腐食を防ぐ事もできます。汚れが染み込まないからフローリング自体が汚れる事がないので雑巾で簡単に拭き取れます。だから何時でもフローリングを綺麗に保つ事ができるのです。

こうして傷を少なくして綺麗に保つ事が出来るのもフロアコーティングの利点です。これが数年後には大きな差となって現れます。フローリングは最初は美しいものですが、傷んだフローリングは傷や黒ずみなどが表れてきてしまい汚い状態になってしまいます。そうなると幾ら掃除をしても綺麗にする事は出来ないので本格的な補修や部分的な張替えが必要になってしまいます。そのようなコストも軽減できることがフロアコーティングの最大のメリットです。

究極的にはフロアコーティングの是非というのは使う人の判断になります。やらないという選択を否定するものではありません。あるがままに任せていよいよダメになったら張り替えれば良いさという選択肢も確かにあると思います。けれどもフロアコーティングはもう一つの良い選択肢を提供ものですから、決して否定されるべきのものでは無いのです。

フローリングを綺麗に保ち維持コストも低減するフロアコーティングをあなたもぜひ検討してみてください。

施工後