床のガラスコーティングの特徴

フロアコーティングは様々な種類があります。その中でもガラスコーティングは最近開発されたものでフロアコーティングの最終形態とも云われている進化型のフロアコーティングです。

まずはその前にUVコーティングが登場した時、画期的なコーティングと称賛され脚光を浴びフロアコーティングが広まりました。しかしまだ傷が付きやすく耐久性に難がありました。

そこで満を持して登場したのがガラスコーティングです。これまでのフロアコーティングで満足できなかった耐傷性、耐久性などを大幅に改善してこれまでにない性能に引き上げました。

硬度6H以上、30年以上の耐久性と今までにない性能のフロアコーティングが誕生しました。それがガラスのフロアコーティングなのです。

フロアコーティングをどれが良いか悩んでいる方へ。
フロアコーティングをするならガラスコーティングが一番。
フロアコーティングならガラスのフロアコーティングの一択なのです。
ジェブは無機質ガラスコーティングのEPCOAT
あなたの自宅のフローリングを長期間守ります。

フロアコーティング耐久性No. 1 はガラスコーティング

フロアコーティング耐久性No. 1はガラスコーティングです。よくUVコーティングが耐久性No. 1と謳っている所がありますが、耐久性ではガラスコーティングに敵いません。

何を持って耐久性と言っているか分かりませんが硬度が低いUVコーティングでは長い間にすり傷が多く付いてしまい、コーティングが残っていても傷だらけで見た目も残念な状態になってしまいます。

やはり簡単に剥離が出来ないコーティングでは一度で長い間綺麗な状態を保ちたいもの。それならガラスのフロアコーティングの一択しかありません。

ガラスコーティングは値段が安いものではありませんが、他のコーティングでは決して得られない貴重な時間を得る事が出来ます。なんの時間かというと、フローリングが長い間綺麗な状態を保つ時間です。

どのコーティングかで悩んでいる貴方に、ぜひガラスコーティングを選んで欲しいのです。

フロアコーティングのよくある間違い

よくフロアコーティングは床を強くすると思う方もいますが、これは少し違います。例えば重い物を落とすと床は凹みます。フロアコーティングは床自体の強度を増すわけではなく表面を硬い膜で被います。傷や汚れなどを防ぎますが、重量物の凹みや鋭利な抉れなどは防ぎようがありません。

そういう場合でも、フロアコーティングをしてもらったお客様には、ある程度の損傷までなら簡易補修をアフターメンテナンスの一環で行っています。床の損傷は長く暮らしているとどうしても避けられません。そういう方へもジェブのフロアコーティングは安心な暮らしを提供しています。

フロアコーティングのある生活

flooring

フロアコーティングをすると

・床が傷つきにくい
・床の汚れが簡単に取れる
・お掃除が簡単になる
・ワックスなど定期的な塗り替えなどが必要ない
・油性マジックで落書きされても除光液などで簡単に拭き取れる
・ペットの爪傷を防ぐ
・ペットがおしっこをしてしまっても染み込まない
・滑り止め効果でペットの関節の負担軽減やお年寄りの転倒防止にも
・フローリングの耐用年数を延ばせる
・傷や汚れが付きにくくなるのできれいな状態が長く続く
・子供にも、うるさく注意しなくても良いので精神的な余裕がでる

などがあります。
長い目で見ると床の張替までの期間を延ばせたり、ワックスの塗り替えが必要無くなったりでトータルコストも安くなったりします。
フロアコーティングであなたの生活も素晴らしいものにできます。

フロアコーティングとワックスの違いについて

汚れ

フロアコーティングは知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らないという人によって温度差があるものです。フロアコーティングとワックスの違いについて同じような物と思ったり別の言い方と思っている方も多いと思います。

まず、フロアコーティングとワックスは全く別物ということです。ワックスは塗っても効果は一定期間で効果が無くなったら塗り直さなければならないものを云います。一方でフロアコーティングは基本的に一度施工すれば長期間効果を保ち再び施工の必要が無いものを云います。

つまりワックスは一時的、コーティングは半永久的なものと覚えてもらえば分かりやすいと思います。ワックスと言えば車を思いつく人も多いと思いますが、洗車の毎にワックスを掛けていたと思います。最初は綺麗になっていてもやがて効果が無くなってきて汚れてきたら洗浄してワックスを掛け直すというサイクルです。

家のワックスでも同じで最初は綺麗でも段々汚れてきて、綺麗にするには洗浄してワックスを取り除いてから再ワックスし直さなければなりません。その面倒な作業から解放してくれるのがフロアコーティングなのです。一度のコーティングで効果は30年以上の耐久性でワックスのような面倒な再施工が必要ありません。

ずっと長い間床を硬い塗膜で防いでくれますので、傷や汚れから守って床をキレイな状態に保てるのです。それだけではまだ不安かもしれませんが、一見は百聞にしかずですからショールームで現物を見てみるか、問合せしてサンプルをもらって確かめてみてください。ワックスとは全く違う感触をその手で実感してみましょう。

インテリア重視のフロアコーティング

フロアコーティングの一番の見た目の違いはやはり光沢です。それによって一番印象が変わります。一番派手なのはUVコーティングでしょう。これだとやった感が凄く、間違いなくコーティングしました感は得られます。もちろんこれが好きな人は問題ありませんが太陽や電灯の反射も凄く、落ち着かない感じになってしまいます。

ガラスコーティングの場合、本当にやったんですかとお叱りを受ける場合も有るのですが、これは部屋全体を行ってしまうと比較できないため、ちょっと気が付きにくい場合もあるようです。ガラスコーティングの場合でも灯りや明るい所の反射面を見ると馴染んではいますが施工前よりは反射率が上がっています。

 
施工前と施工後の写真

ガラスコーティングの場合は控えめな光沢で落ち着いた雰囲気を保てますので家具やインテリアを重視するお客様にも好評を得ています。ちょっと物足りないと思う方もいるのですが落ち着いた上品な感じはガラスコーティングならではのものです。是非お近くのショールームでご確認ください。

フロアコーティングのショールーム

フロアコーティング品質とは

フロアコーティング品質とは何でしょうか?

・そのフロアコーティング材料の品質
・施工及び仕上げまでの品質
・施工後の補修及びアフターサービスの品質

およそこの3点を重要視されるかと思います。どれが欠けていても品質が良いフロアコーティングとは言えません。株式会社ジェブのフロアコーティングは最高品質のガラスコーティングであるEPCOAT。熟練した施工者による施工、施工後の補修の完全対応とフロアコーティングの品質では最高のものを提供しています。

低価格のフロアコーティングでは真似できない確かな品質、それがジェブのフロアコーティングです。ガラスコーティングの硬度、30年の耐久性の素晴らしさ、補修と確かなアフターサービス。その確かな違いをお確かめください。

EPCOATフロアコーティング

フローリングの種類とその特性

フローリング(床材)の種類には

■シートフローリング
現在普及タイプのマンションは殆どこのタイプになっています。木目が印刷されたオレフィンシートで強度が劣る場合があります。印刷なので大理石調や様々なデザインが可能です

■複合フローリング
・合板フローリング
天然木を薄くスライス(0.2~0.3mm位)した板を表面に張り合わせたもの
・単板フローリング
1~3mm程度の天然木の板を表面に張り合わせたもの

■無垢材フローリング
・無垢材(集積材)フローリング
表面から下地まで同じ一つの天然木を組み合わせたもの
・無垢材(一枚物)フローリング
同じ一枚板を組み合わせたもの

価格も上から順に高くなっていて無垢材(一枚物)フローリングが最上級のものです。しかし天然木なので伸びや縮みで反りや歪みが生じることがあり取り扱いが難しい所もあります。逆にそれ以外のフローリングでは反りや歪みが生じにくいと言えます。

フロアコーティングの耐久性

フロアコーティングは性能や耐久性によって種類や価格が変わります。性能や耐久性が高いほど価格も高くなります。主なフロアコーティングと言えば、ガラスコーティング、UVコーティング、シリコンコーティング、ウレタンコーティング、水性アクリルコーティング等になります。

ここで価格が高めで高クラス帯のガラスコーティングとUVコーティングの料金について考察したいと思います。原料では一番高いのはガラスコーティングでUVはそれより安価な原料になります。それでも価格にあまり差が出ないのはUVコーティングに必要な紫外線照射器が必要になるからです。紫外線照射器で瞬時に硬化させるのですが上手にやらないと塗りムラが生じやすいこと。なので熟練した技術が求められるため人件費の高騰により施工料金が高めとなってしまうのです。

そうすると価格を抑えるためには原料を安くしなければならないので性能や耐久性が犠牲になります。元々UVは有機コーティングのウレタンコートがベースなので経年劣化が起こりやすく黄色く変色しやすいのです。だから多少安いからといって安易にUVコーティングするのは考えものです。

UVコーティングは強い光沢が特色ですので、どうしても強い光沢が必要な人は譲れないでしょうが、その場合は熟練した技術者、良質な原料、実績のある施工会社である必要があります。ここはしつこい位に確認しましょう。