良質なフロアコーティングとは

仕上がりが綺麗で長期間効果があるのが最高の良質なフロアコーティングです。その中でもガラスコートは耐久性が30年以上ありますので綺麗な状態が長期間続き効果も一番持続するのです。効果がある間は簡単な拭き掃除で汚れが簡単に取れるので綺麗な状態を保てるのです。

コーティングというのは長期間効果があって初めて意味があるものです。直ぐに効果がなくなってしまったら、そもそもやる意味がありません。だから家具が無い状態や引越し前にやる意味が生じてきます。

そんな中、耐久性が余りないコーティングを扱う施工会社がありますがそういうのはどういう事なのでしょうか。耐久性がなくて効果がなくなってしまったら再施工になってしまいますが、また家具の移動や剥離が必要になってしまいます。

それではフロアコーティングの意味がないわけです。最初の一回の施工だけで30年以上耐久性があるもの。それこそがフロアコーティングが効果を発揮すると言えるのです。それに当てはまるのが、ガラスコート EPCOATなのです。

最高のフロアコーティングと最低のフロアコーティング

フロアコーティングというものはワックスとは違いフローリングの表面に硬い塗膜を形成して半永久的に効果が持続するものを云います。一時的な効果しかないワックスとは全く違うものです。所が中にはフロアコーティングと謳いながらワックスとあまり変わらないものがあります。

それは水性コーティングと呼ばれるもので、長いものでも2~3年位しか効果がありません。これではワックスと変わらず取れてきてしまったらまた再施工するしかありません。値段は安いかもしれませんが、こんなワックスと変わらないものをコーティングと称するのは混乱を招く元です。だからワックスとコーティングを混同する人たちが後を絶たないのだと思います。これは最低のコーティングというものではないでしょうか。

ジェブでは最高のコーティングと呼べるものを提供しています。30年耐久の耐久性。硬度6H以上の耐傷性。有害物質を含まない安全性。どれをとっても最高のフロアコーティングと呼べるものです。シリコンコーティングよりUVコーティングより優れた特性を示すガラスコーティング。それを採用するジェブのフロアコーティング EPCOAT はまさに最高のフロアコーティングと呼べるものです。

フロアコーティング比較すると一番良いのは

フロアコーティング比較ではフロアコーティングの種類で価格を比較するのか性能を比較するのかと様々な観点があります。

主な所では性能と価格になると思います。つまり価格性能比はどうなのかという所が気になる所だと思います。

つまり性能が高いものは価格も高い、性能が低いものは価格も安い、というこの世界の不変法則のようなものがありますが、少しでも性能が高くて安いものを手に入れたいというのが人情というものです。

フロアコーティング種類にはいろいろありますがガラスコーティングが最強です

の所でも言いましたが比較するとガラスコーティングが一番良いのですが、やはり価格がネックとなって他の種類のコーティングに行ってしまう人も少なからずいます。

しかしせっかくフロアコーティングをしても生活に合わなかったり、直ぐに効果が無くなってしまっては何のためにしたのか分からなくなってしまいます。また効果が無くなったからといって、また再施工するというのも簡単に出来ない場合があります。つまり前のコーティングが残っている場合はそのまま施工が出来ないので剥離をしてからの施工になるのですがワックスのように簡単に取れるわけではありませんので結構な金額になってしまう場合もあります。

このようにしてみると最初は少し金額がかかっても性能が良いコーティングをやっていた方が安く済むという事になります。

1回の施工で30年以上も耐久性があるガラスコーティングはコストパフォーマンス的にも非常に良いのです。

ぜひこの機会にガラスのフロアコーティングをご検討してみてください。長い年月で見た場合決して損はないお買い得なお買い物なのです。

ジェブのフロアコーティングの問合せ

 

フリーダイアル

0120-829-151

水性コーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングで水性コーティングよりガラスコーティングが良い理由は硬度が違う。だから傷の付きやすさが全然違う。ガラスコーティングも砂や金属などが付着してしまうと傷が付いてしまいますが、水性コーティングとは比べ物にならない程高い硬度でフローリングを守ります。

水性コーティングは手軽ですが直ぐに効果が無くなってしまいます。硬度も耐久性もなく、殆どワックスと変わらない、ワックスより少しだけ長くもつ程度と言われています。

殆どコーティングと言うことが出来ず、将来また再施工が必要になります。これでは一度施工したら再施工が必要ないというコーティングの条件を満たしていません。結果的に何回も再施工するとコスト的にも割高になってしまいます。

このように初めだけで直ぐにダメになってしまう水性コーティングはやるだけもったいない見てくれだけのコーティングなのでコーティングの候補に入れてはならないものです。

それでも水性コーティングがこれだけ普及しているのはマンションのオプション扱いになっている事が大きいのです。これは何か問題になっても直ぐに剥がす事が出来るのでオプション扱いになったという経緯もあります。だからすぐ剥がれてしまうという事になるわけですが。

床をしっかり保護したいならガラスのコーティングを選びましょう。

 

フロアコーティングとワックスの違いについて

汚れ

フロアコーティングは知ってる人は知ってるけど、知らない人は知らないという人によって温度差があるものです。フロアコーティングとワックスの違いについて同じような物と思ったり別の言い方と思っている方も多いと思います。

まず、フロアコーティングとワックスは全く別物ということです。ワックスは塗っても効果は一定期間で効果が無くなったら塗り直さなければならないものを云います。一方でフロアコーティングは基本的に一度施工すれば長期間効果を保ち再び施工の必要が無いものを云います。

つまりワックスは一時的、コーティングは半永久的なものと覚えてもらえば分かりやすいと思います。ワックスと言えば車を思いつく人も多いと思いますが、洗車の毎にワックスを掛けていたと思います。最初は綺麗になっていてもやがて効果が無くなってきて汚れてきたら洗浄してワックスを掛け直すというサイクルです。

家のワックスでも同じで最初は綺麗でも段々汚れてきて、綺麗にするには洗浄してワックスを取り除いてから再ワックスし直さなければなりません。その面倒な作業から解放してくれるのがフロアコーティングなのです。一度のコーティングで効果は30年以上の耐久性でワックスのような面倒な再施工が必要ありません。

ずっと長い間床を硬い塗膜で防いでくれますので、傷や汚れから守って床をキレイな状態に保てるのです。それだけではまだ不安かもしれませんが、一見は百聞にしかずですからショールームで現物を見てみるか、問合せしてサンプルをもらって確かめてみてください。ワックスとは全く違う感触をその手で実感してみましょう。