フローリングワックスは必要ですか?

家のお手入れに長年定番だったフローリングのワックス。最近ではワックスフリーのフローリングが主流になりフローリングワックスは必要無くなりました。しかし何もしないのは不安が残るようで何かしらのメンテナンスをしたいと思っている方が多いようです。

ワックスフリーのフローリングとは殆どがシートフローリングと呼ばれるもので予めEBコートという電子的なコーティングが施されているのでワックスは必要ないという事になっています。確かにこの上にワックスを掛けてしまいますのでコートの上にワックス乗っている状態で床に染み込まないのでかえって滑りやすくなったりしてしまいます。

しかしシートフローリングは表面がごく薄いフイルム上のシートが貼ってあるだけなので強度が弱い傾向があります。少し強い力が加わると捻じれや皺が生じやすくまた水にも吸ってしまうので弱い傾向があります。

そういった弱点をカバーする為にフロアコーティングを施工する事が出来ます。フロアコーティングは耐水性もあり表面の強度も上げますのでシートフローリングの耐用年数も延ばせます。何より表面の薄いシートを保護するために有効です。

フローリングワックスの必要性は少なくなりましたがフロアコーティングの利用は増えています。

フローリングとフロアコーティングの相性

フローリングとフロアコーティングの相性の良さという事について考えてみましょう。殆どのフローリングでは何らかの前処理がしてあります。通常の合板フローリングではUVコーティング、シートフロアにはEBコーティング等です。いわゆるワックスフリーと言われる床です。

これらのコーティングがしてあるものはワックスが塗れません。これらはコーティングによってワックスが染み込まずコーティングの上で浮き上がってしまうからです。こうなると却って滑りやすくなって危険です。

工場で施されるコーティングは床の質感を失わないように余り強力なコーティングが施されません。この状態では本格的な耐久性は望めないのでやはりフローリングを長く使いたい人はフロアコーティングを選択することになります。この時、元と同じコーティングではなんかもったいない感じではないでしょうか。予めUVコーティングが施されているなら重ねて施工するより、より強いコーティングをするべきでしょう。

UVコーティングより強いコーティングはガラスコーティングしかありません。それでこそコーティングする意味があります。安くはない金額をかけて元と同じコーティングでは余り効果が変わらないのでは。ガラスコーティングでは予めしてあるコーテイングが下地材として機能して相性良く塗ることができます。

シートフローリングにも以前は相性が良くないものがありましたが、研究、検証の結果最適な施工方法が見つかっていますので問題なく施工することができます。稀に新しい製品で施工実績がない場合もありますので不安な場合はお問合せください。未知の製品の場合は検証してテスト後施工させていただきます。