キレイナクラシ-きれいな暮らしをフロアコーティングがもたらします

フロアコーティングは床が簡単にきれいになるのでいつもきれいな床を維持するのも難しくありません。いつも床がきれいだと他の部分もきれいに保ちたいもの。こうして部屋全体がいつもきれいな状態に保てるならとっても良い事だと思います。

逆に、床の汚れが目立ってしまうと他の場所の掃除もやる気がなくなってしまいます。やはり床はお部屋の基本ベース。お部屋のキレイは床から始まります。

フロアコーティングすることによってお部屋を綺麗にするというが高まります。もちろんお部屋を綺麗に保ちたいという人がフロアコーティングを選択すると思いますからフロアコーティングをしている家はきれいな家が多い傾向にあるとは思います。

それでもフロアコーティングがきっかけとなってお部屋が綺麗な状態を保つようになったらと考えればそれに越したことはありません。ものを大事にしようと思う事から床を守るという考えにつながり、フロアコーティングをしようと考えると思います。ものを大切に使うという発想がフロアコーティングのもとになっています。

床を守る対策はフロアコーティングがおすすめ

床を守るのにマットやカーペットなどは効果的ですが、床全体の保護をするならフロアコーティングがおすすめです。フロアコーティング全体を保護しますから、将来にわたって効果的です。重い衝撃などには耐えられませんからその上に絨毯などをひけば完璧です。

フロアコーティングの効果はフローリングの耐用年数を上げる事にあります。フローリングは水に弱いので汚れた水が染み込んでしまうとそこから傷みが生じやすくなります。フロアコーティングは防水ではありませんが、耐水性がありますので水をこぼした後、直ぐに拭き取れば問題ありません。また水の染み込みがないのでフローリング面を傷めません。

フローリングのベース面を保護するものとしてフロアコーティングは寿命を延ばし張替えなどの期間を延ばす事が可能なので将来のコスト的にも費用を抑える事に繋がります。

フローリングの掃除が簡単になってフローリングの寿命も延びる方法

フローリングの掃除が簡単になってフローリングの寿命も延びる方法とは。それがフロアコーティングです。

掃除が簡単になるのは汚れが染み込まず汚れがコーティングの上面に留まるので雑巾などで簡単に拭き取れるからです。また、その結果汚れがフローリング内部に染み込まないので傷めたり、腐食する事がないので寿命が延びるのです。

そうすると張替までの期間も伸ばす事が出来ますのでフローリングを長く大事に使いたい方にとっても嬉しいことになります。

ものを大事に長く使う事は日本が昔から大切にしてきた考えです。フロアコーティングはその考えに合った技術なのです。

フローリングワックスまだしているの?

フローリングにワックスを掛けている人はまだいますか?フローリングのお手入れに昔からワックスは定番でしたが、最近はそうでなくなりました。そもそも最近のフローリングはワックスフリーやノンワックスタイプが主流になっています。しかしそうとは知らずワックスを掛けてしまう場合も多いようです。

しかし、そういうワックスフリーのフローリングはワックスが染み込まないタイプですので表面にワックスがいつまでも残ってしまうので、かえって滑りやすくなって危険な状態になる事もあるので注意が必要です。もう一度ご自宅のフローリングがどういうタイプか確認してみましょう。

やはり、ワックスフリーと謳われていても、何もしないのは不安な人が多いようでワックスが要らないワックスフリーですがワックスフリー用のワックスが出ていたりします。

しかしどうしても何もしないでフローリングをメンテナンスするのは頼りない感じで裸のまま使っているような感覚でしょうか。そういう方にもフローリングを更に保護するためにもフロアコーティングは最適です。一般にワックスフリーのフローリングはシートタイプのフローリングですので表面が薄いシートで傷などに弱いのです。それを更に強化する事ができます。

また定期的なメンテナンスが要らず一回すれば長期間フローリングを守り続けますので家事の労力の軽減にもなります。フローリングの床にはぜひフロアコーティングをご検討ください。

フロアコーティング見積もりはジェブに電話かサイトから

フロアコーティングの見積もりは、最近は比較サイトからも多いですが、直接申込みも多いです。いろいろ比較するのは当然ですが中々価格や表記だけでは伝わらない、そのお客様だけの理由もあります。特にフロアコーティングの場合は1件1件間取りも異なりますしオプションコーティングも異なりますし、お客様のこだわりも全く違う非常にセンシティブな場合が多いのです。

そのような相談も懇切丁寧にお受けするのがジェブの強みです。比較サイトでは伝えられないお客様それぞれの違いをくみ取った丁寧な見積もりを作成致します。

コーティング自体は間違いない最高品質の30年耐久フロアコーティングです。フロアコーティングで迷ったらぜひジェブにご相談ください。お客様に最適なご提案をさせていただきます。

フロアコーティングのお問合せ

UVコーティングは人気を二分するフロアコーティングですが

フロアコーティングの中で人気ではガラスコーティングとUVコーティングに二分されるようです。UVコーティングはその強い光沢感がやった感が強くあり人気を保っているようです。折角やってもらうのだからいかにもコーティングをしたという結果が残るコーティングの需要はあるのかもしれません。

しかし生活してみると光沢が強すぎる弊害は出てきます。日中の太陽光で眩しく反射して直視出来ないくらい眩しくなったり、夜は電灯の映り込みが反射して眩しかったりテレビ画面の映り込みも激しくて下に絨毯など敷かないとチラチラして落ち着かない程です。

しかもUVコーティングは紫外線で硬化するため、紫外線が当たらないように注意しなければなりません。また有機コーティングなので長期間の間に劣化が少しずつ進みます。

このように人気のコーティングですが注意する点がありますのでこの点を考慮して判断してください。

フロアコーティングの疑問と答え

特にフロアコーティングの疑問が多い項目をまとめてみました。

疑問 答え
一番耐久性があるコーティングは ガラスコーティング
一番傷に強いコーティングは ガラスコーティング
一番光沢が強いコーティングは UVコーティング
一番薄いコーティングは ガラスコーティング
一番長期間変化しないコーティングは ガラスコーティング

解説
一番耐久性があるコーティングはガラスコーティングです。それは他の疑問の内に自ずと明らかになります。

  • 一番傷に強いのは硬度6H以上のガラスコーティングです。UVは4~5Hです。
  • 一番光沢が強いのはUVコーティングです。日中は眩しく輝いて目に痛い程です。
  • ガラスコーティングはコーティングの中で一番薄く、その薄さで他のコーティングより強い強靭な塗膜ですので床への違和感がなく質感が変化しません。
  • ガラスコーティングは無機質なので長期間でも形質変化を起こさず脆くなったり変色しません。UVコーティングは有機質ですので変色します。また紫外線などで硬化が日々進んで脆くなりがちです。

この結果からご家庭に一番合っているフロアコーティングはガラスコーティングという事が分かります。

ジェブのEPCOATは無機質ガラスコーティング、上記の条件を全て備えた最良のフロアコーティングなのです。

フロアの耐久性についての考え

フロア耐久性、床の耐久性について考えてみましょう。一般的に床、フローリングの耐久性は10年~20年と言われています。フローリングの種類によっても変わりますが、生活スタイルによっても大きく変わってくると思います。ペットや活動期のお子さんがいらっしゃる家庭ではやはり傷みが早くなることでしょう。

しかし少しでも床の寿命が伸ばせるとしたら大変助かるのではないでしょうか。そこでフロアコーティングが注目されています。新築時にフロアコーティングをすると傷を減らし床への汚れの染み込みが無いので床の寿命を延ばす事ができます。寿命が延びるだけでなくその間お掃除が簡単になるのも大変魅力的です。

床に汚れが染み込まず、耐水性*もあるので床材が傷まないので床材自体の寿命も延びます。フロアコーティングをする事によって床の寿命が30年位になるので経済的にもお得であるばかりでなく、環境的にも産業廃棄物を減らす事に繋がります。

フロアコーティングは当社のEPCOATの場合、余裕を持って30年以上の耐久性がありますので殆どの床材の寿命を延ばす事になります。もちろんフローリング自体の耐久性が短い場合はそこまでは無理ですが、元のフローリングより寿命を延ばす事が可能です。

フローリングを少しでも長く使いたい、張替までの期間を延ばしたいとお考えの方はフロアコーティングをぜひご検討ください。

*耐水性はありますが防水ではありませんので大量の水は防げません

フロアコーティングはフロアコーティング専門のジェブへ

フロアコーティングは様々な業者が参入しています。家の清掃関係、ハウスクリーニング業者や近くの工務店が兼業で行っている場合もあります。しかしジェブはフロアコーティング専門の専業会社であります。他のサイドビジネスで行っている所とは技術もノウハウも違います。フロアコーティングの全てを知り尽くしている会社だからあるゆる問題に熟知しています。

特に住宅関係では新しい材料や技術が矢継ぎ早に開発されていきますので常に環境の変化に対応を迫られます。ジェブでは常に新しい床材への検証を行い最適な施工を実施しています。またこれまでのノウハウを蓄積していますので過去にあった膨大の問題点を検証し常に最善の対応を研究しています。

他の兼業業者と違い、一年中フロアコーティングの事だけを考え、フロアコーティングの最高のものを常に追い求めている集団になっています。

ですから任せて安心。あなたの新居にもジェブのフロアコーティングをぜひお試しください。

フロアコーティング性能についての見方

フロアコーティング性能はどういう所を見れば分かるでしょうか。

ジェブはガラスコーティング EPCOATで高い性能を有しています。

まず耐傷性です。これは傷に対する強さを表します。ジェブのEPCOATではUVコーティングの10倍の耐傷性が認められており、UVコーティングよりはるかに傷が強いことが明らかです。

次に硬度です。EPCOATは硬度6H以上で一般的にUVコーティングが4~5Hなので更に傷に強くなっています。

次に耐久性です。EPCOATは30年以上の耐久性、UVコーティングが一般的に20年以上と表記されていますので更に長い耐久性があります。

次に無機質であること。有害物質を含まず安全です。また有機質と違って長い間にも形質変化を起こさないので脆くなったり変色しません。これが30年以上の耐久性を誇れる秘密です。

ジェブのフロアコーティングは以上のように高い性能を有していますので安心して施工をご依頼ください。