最高のフロアコーティングと最低のフロアコーティング

フロアコーティングというものはワックスとは違いフローリングの表面に硬い塗膜を形成して半永久的に効果が持続するものを云います。一時的な効果しかないワックスとは全く違うものです。所が中にはフロアコーティングと謳いながらワックスとあまり変わらないものがあります。

それは水性コーティングと呼ばれるもので、長いものでも2~3年位しか効果がありません。これではワックスと変わらず取れてきてしまったらまた再施工するしかありません。値段は安いかもしれませんが、こんなワックスと変わらないものをコーティングと称するのは混乱を招く元です。だからワックスとコーティングを混同する人たちが後を絶たないのだと思います。これは最低のコーティングというものではないでしょうか。

ジェブでは最高のコーティングと呼べるものを提供しています。30年耐久の耐久性。硬度6H以上の耐傷性。有害物質を含まない安全性。どれをとっても最高のフロアコーティングと呼べるものです。シリコンコーティングよりUVコーティングより優れた特性を示すガラスコーティング。それを採用するジェブのフロアコーティング EPCOAT はまさに最高のフロアコーティングと呼べるものです。

良いフロアコーティングの条件はどんなもの

フロアコーティングの良い条件はどんなものでしょう。

コーティング自体の条件

  • 耐久性が高く長期間効果が持続する
  • 硬度が高く柔らかいフローリングの表面を守ってくれる
  • 有害物質が含まれていないこと
  • 光沢が強くて眩しい光で目を傷めない事
  • 無臭無色で床の質感を変えないもの

施工の条件

  • 通常は1日で施工が終わるもの
  • 施工スタッフが訓練されていて安定した施工が行われる事
  • 前もって相談が出来ていて予定通りの施工が出来ること

施工後の条件

  • 施工後に問題があった時速やかに問題に応じてくれること
  • 施工後に付けてしまった傷にもアフターメンテナンス等で応じてくれる
  • 定期的アフターメンテナンスがあって安心が長く続く事

これらがフロアコーティングで良いと言われるものでしょう。
これらの条件を全て満たしているのがジェブのフロアコーティングです。

ジェブはやったら終わりのフロアコーティングではありません。施工後もお客様と親身となってお付き合いできる信頼できるフロアコーティングです。

フロアコーティング効果についての考察

フロアコーティングする事によって何が変わるかというと

床の表面に保護膜を形成する事によって床に傷が付きにくくなり、床に汚れが染み込まずコーティングの上に留まるので床自体が汚れません。コーティング上の汚れは簡単に拭き取ることができ、通常の汚れは雑巾等の水拭きで簡単に取れます。油性マジックなども除光液を使っても床が傷まないので簡単に取ることが出来るので他のどんな汚れでも取ることが出来ます。

その事によって普段の掃除が簡単になる事の効果は絶大です。お掃除は日常で床の汚れなどは頻繁に起こりますので毎日の家事のかなりの低減になります。

しかもワックスなども必要無いので定期的なワックスがけも必要無くなり、ますます家事の低減につながります。それでお部屋が綺麗に保てるので現代の家の必需品と言ってもいいかもしれません。

新築の家には特に効果的ですので入居を考えている方はぜひフロアコーティングをその際に考えてみてください。

最高級フロアコーティングはガラスコーティングのジェブ

最高級フロアコーティングはガラスコーティングのジェブです。耐久性が他のコーティングとは違います。これは無機質ガラスコーティングの為、化学変化が起こらず長期間でも脆くなったり変色しないのです。しかも硬度が6H以上でコーティングの中で一番傷に強い。

それだけでは他のガラスコーティングと余り変わらないように感じますが、施工の品質においても訓練された自社施工スタッフが施工を行いますので安定した品質が得られます。

その上ジェブは定期的なアフターメンテナンスを実施していますので施工後も良好な状態を維持できます。

これがジェブの安心の理由。他に真似できない一つ上のフロアコーティングをぜひご検討ください。

床の傷汚れを防ぐフロアコーティング

床傷汚れを防ぐフロアコーティング。新築に入居するならフロアコーティングを検討してみてください。

何もかも綺麗な新築のお部屋。しかし入居してしばらくすると直ぐに床に傷や汚れが目立ってきてしまいます。毎日人が歩く所ですから意外に傷みが早いのです。

フロアコーティングは柔らかいフローリングに代わって傷を防ぎ、汚れのバリアとなって染み込みを防ぎます。だから汚れが表面上に留まって簡単に拭き取れます。

家事の負担を減らしてくれるのもフロアコーティングの嬉しいところ。もちろんワックスがけの面倒な作業も要りません。

今の住宅の必需品、フロアコーティングを新築の際にぜひ考えてみましょう。

フロアコーティング掲示板の声

フロアコーティングの情報で掲示板などでも様々な意見がありますが、やらせだの反論やらで殺伐とした空気が漂っていて余り気軽にのぞくのも気が滅入ってしまう事もしばしば。なので代表的な意見を取り出してみました。

傷を気にしている人ばかりがコーティングする人ではないと思う。犬や猫は吐いたり漏らしたりする。子供がいると食べこぼしがすごい。だから掃除を楽にする為にする。

前は犬を飼っていて傷だらけ、おしっこがフローリングに染み込んで反りが出たりツヤが無くなったりした。引越しでフロアコーティングをした。おしっこの染み込みはなくなり拭き取り掃除が楽になった。傷は付くことはありますが細かな所を気にしなければメンテナンスや汚れを気にする事は無くなった。

やはりこういう意見は本音ベースと思われるので貴重な意見だと思われます。やはり手入れや掃除が楽になる所にフロアコーティングのメリットを感じているのかなと思います。

フロアコーティングの適正な厚さ

フロアコーティングは種類によって適正な厚さというのがあります。いわゆる塗膜の厚さの事ですが、これは厚く塗れば良いというものではありません。適正な厚みがあれば効果は出て、それ以上は無駄な厚みになるだけでなく悪影響を及ぼします。

余計な厚みがあると本来の弾力性が維持できず歪みやひび割れが生じてしまいます。特にガラスコーティングは塗膜の薄さで柔軟性やひび割れが起きない事が特徴なのでその特徴が無くなってしまいます。

もちろん塗り残しがあってはいけませんが物が透明なのでそこがフロアコーティングが一般の人には出来ない難しい所です。薄く均一に塗るのがフロアコーティングの大事な所。ジェブではこの技術を習得したものだけが実際に施工できるスタッフとして施工しています。

フロアコーティング安心の訳は性能と技術とアフターメンテナンスから

フロアコーティング安心の訳は性能と技術とアフターメンテナンスから来ています。

まずは性能は硬度6H以上で耐傷性が高く床を傷から守ります。また無機質ガラスの安定した性質で性能が劣化せず安定的に30年耐久を実現しているので安心です。

施工技術も訓練された施工スタッフ社員が全て行いますので安定した品質が保たれます。長年のガラスコーティングを他社に先んじて行ってきたジェブならではのノウハウが豊富にあり殆どの床材に対応する安心施工です。

長期間のアフターメンテナンスもジェブの魅力、施工後も毎日使う中でのアクシデントにも安心です。他に例がない定期的メンテナンスを行っており日常で生じてしまった傷の補修などにも応じていますので大変安心できるのです。

このように3つの安心で他社にない安心を実現するジェブのフロアコーティングをぜひお選びください。

フロアコーティング、床を長持ちさせるなら

フロアコーティングは床の強度を上げるわけではありません。ですから重い物を落としたり鋭利な物で突いたりすれば凹んだり抉れたりしてしまいます。

フロアコーティングで防げるのは日々の生活で付く細かな傷を付きにくくしたり、汚れが簡単に取れる事により美観の維持が楽になったりする所です。それにより床の綺麗な状態が長く続く事になります。

フロアコーティングの効果は30年以上、更にジェブでは定期的メンテナンスが付いているので床の状態を長い間良好な状態に維持できます。

新築時のフローリングの美しさを出来るだけ長く維持したい。そういう願いをできるだけ実現するのがフロアコーティングを施工する目的です。

UVコーティングよりガラスコーティングが良い理由

フロアコーティングでUVコーティングよりガラスコーティングが良いUVコーティングは硬度が違います。ウレタン素材のUVコーティングより傷の付きやすさが断然違います。耐傷性試験でもUVコーティングの10倍以上の耐久性がありました。

またUVコーティングは塗膜が厚いので光沢が非常に強くギラギラと反射します。また塗膜の厚さは柔軟性を損ないひび割れや密着不良を起こしがちです。

それと有機質であるため長期間で形質変化が起き脆くなったりひび割れします。またUVは名前通りUV(紫外線)で硬化させるので日の当たる所では日光の紫外線で硬化が進んで脆くなってしまうので窓に紫外線防止フィルムなどを貼るなどして対策を施さなければなりません。

それに対しガラスコーティングは超薄膜塗膜で床に密着して柔軟性に富みひび割れ等が起きず、低光沢でフローリングの質を生かしたコーティングになります。

もちろん紫外線による形質変化も起きないので30年もの長い間フローリングを守る事ができるのです。またEPCOATはUVカット剤も含まれていますのでフローリングの日焼けも防ぐことも出来るのです。

このような理由によりフロアコーティングをするならガラスコーティングが一番良いという結果になりました。

ジェブのフロアコーティングはもちろんガラスコーティング。しかも安心のアフターメンテナンスで定期的なメンテナンスを受けられます。もう迷わないですね、フロアコーティングはジェブにお任せください。